小田原柑橘倶楽部

地元の農商工に携わる人が連携し、農業の世代継承・振興を図っていきます。

【加工用レモン】契約農家さんを募集しています

片浦レモン・小田原及び県西地域で栽培されるレモン

小田原柑橘倶楽部ではレモンの取扱量の増加に伴い、本年度より新たに加工用レモンを出荷していだける農家さんとの個別契約を開始することといたしました。

これは小田原柑橘倶楽部として需要(買い手企業)と供給(農家さん)のバランスを今まで以上に把握し、小田原(県西)地域で栽培されるレモンの価値を更に高めていくことを目的に行うもので、これまでと同様にJAかながわ西湘片浦レモン部会の皆さんからの仕入を基本に、これに加えていくものです。

これまでレモンの購入量を読めないことで、企業側から問合せがあっても提供時期などを明確に回答することができず、機会損出していたことも多々ありましたので、こうしたミスマッチをできるだけ防ぎ、生産者である農家さん側の応援団としてきちんとした価格で当倶楽部が責任をもって買取り、今後も買い手側と交渉できるようにしたいと思います。

どうぞお気軽にお問合せください。

概要

[購入対象]

★加工用レモン

●片浦レモン

●小田原及び神奈川県西地域で栽培されるレモン

【希望数量】

上記各10トン~15トン

お問合せ先

小田原柑橘倶楽部 事務局(報徳会館企画デザイン室)
TEL:0465-23-3246(10:00~17:00)
Mail:info@hotoku.co.jp

耕作放棄地・農地開墾事業

地域農家さんからの買取り他、耕作放棄地の開墾や終業される方からの農地継承も行います。

2020年からの新体制により、ようやく耕作放棄地からの開墾事業が順調に進み始めております。
本年は夏場の除草作業も、農家さんではなく役員や出資者が参加しながらレモンの順調な生育を見届けております。

第1圃場

現在2か所の圃場にには少し大きくなりはじめたレモンの苗木を約350本ほど生育させています。立派な成木になるにはまだ数年かかります。

第2圃場


まだ、ごくわずかですが実際にレモンの収穫をしています。
これは2021年11月に圃場で収穫したレモン。この時期はまだ黄色くなる前の通称グリーンレモンと呼ばれる時期での収穫でしたが、この時期ののレモンはとても香高く人気があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加